Tote bag for child and mother
「アレちょうだい」「コレいらない」、小さな子供を連れてのお出かけは、荷物の出し入れに大忙し。おまけにバッグをさぐっているうちに勝手に走り出し、手提げバッグに荷物がいっぱいでも抱っこをせがみ、寝てしまう・・・。子供が歩くようになってから、コレ!と思えるバッグになかなか出会えず、外出のたびにストレスを感じていたのは他ならぬ私自身でした。

「出し入れしやすく、コンパクトでそこそこの荷物が入り、状況に応じて持ちやすい使い方ができる」そんなバッグがあったら・・・・、と試行錯誤を重ねて作ったのがこのトートバッグです。ハンドメイドで至らない点もあるかと思いますが、自分自身が使いやすく本当に欲しいと思えるものを心を込めて作っています。私と同じような悩みを抱えるママのお役にたてたらうれしいです。
From こぐま屋店主

 
基本的な仕様についてのご紹介です。デザインては1点ごとに異なります。また、縫製や素材により多少サイズに誤差がありますが、使用している型紙はすべて一緒です。
一見、大きければ大きいほど便利に思えるマザーバッグですが、大きいとついつい荷物が増えてしまうもの。そこで、ひと通りのお出かけグッズがしっかり入り、コンパクトに持ち運べる大きさ、ということで選んだのがこのサイズ。11cmのマチをフルに使えば、横幅は30cm程度にスッキリまとまります。
【荷物サンプル】 ●オムツポーチ(巾着タイプ/4枚収納)●保冷ポット(0.25リットル)●ミニ袋菓子●下着(半袖)●ブーツカットパンツ(90cm)●フェイスタオル●母子手帳ケース
持ち手の長さは、最短37cm、最長65cm前後(※両持ち手の金具間)まで、自由に変更可能。ショッピングセンターのカートにかけたり、重いものを持ち運ぶときには手提げに、子供を抱っこしたり、縦長の荷物を持つときにはショルダーに、いつでもどこでも状況にあわせて簡単に持ち手タイプが選べます。

持ち手ベルトは脇の部分からしっかり縫い付け、バッグ全体で中身を持ち上げるタイプ。さらに短い時にはベルトが二重になり、お買い物などで荷物が重くなっても安心です。また、ベルトとバッグ本体の間に4つの金具をはさみ、ベルトが劣化した場合には変更可能。汚れを気にせず毎日のお出かけに気軽にお使いただけます。

ちょこちょこと動き回り、目の離せない子供を連れていると、バッグの中から欲しいものを探すだけでもひと苦労。そこでバッグの高さを、ショルダーの状態でも片手で底まで手が届く少し浅めの26cmに。また浅いことで口が開きやすい点については、中身の量に応じて開き加減を4段階に調節できるオリジナルのセンターカバーでしっかりフォローします。

たくさん荷物を入れても型くずれしにくいよう、表布は素材に応じて接着芯を貼り、内布には丈夫な8号帆布を使用。さらに内側の口布にはドミット芯を貼り、しっかりふんわり仕上げていますので、脇にかかえたときに痛くありません。また、布でくるんだ取り外し可能な底板付で、お弁当や離乳食等の持ち運びも安心です。
●内ポケットは29cmの幅広ポケットを2つにセパレート。大きい方は、母子手帳や小さめの絵本なども収納できる、A5サイズ。乳幼児医療控除などで必要なA4サイズの書類も、半折にして常に常備することができます。また内ポケットの裏側は厚手のワッフル生地やキルティングなどの生地を使ったふんわり仕上げ。携帯やデジカメなど傷が心配な小物を守ります。
●右ききの人が左肩にかけることを想定し、手の届きやすい手前には大きめのナスカンを。目に入りやすい位置ですので、カギなどすぐに使うものを一時的にかけたりするのにピッタリです。
●手提げ時に持ちやすいのはもちろん、ショルダーにしたときにベルトが肩から落ちないよう、オプション小物として「持ち手カバー」をつけました。(私がなで肩なのでその対策で考えつきました)。なくしやすいアイテムですので、使わないときにはバッグの内側のボタンに収納できるようになっています。
最後までご覧いただきありがとうございました。素人のハンドメイドですので至らない点も多いかと思いますが、
丈夫で使いやすいよう、ひとつひとつ心をこめて作りました。気に入って気に入っていただけたらうれしいです。


育児とハンドメイドのブログはこちらから
Copyright (C) 2008 KOGUMAYA. All Rights Reserved.

素材提供:まったりほんぽ様